治療器具

歯の審美性を高めるには裏側矯正でキマリ|パッと見では分からない!

失った歯を補う歯科治療

女性

今後考えられること

歯肉の病気や虫歯、事故や怪我と言った何かしらのアクシデントの影響から、失われてしまった天然の歯を補うことを目的とした治療方法のひとつが「インプラント」です。日本では、20年程前から急激に増加傾向にあると言われています。インプラントの今後の動向としては、実施する歯科医院や興味を持つ人の数が増加するものと考えられています。現在では、インターネットを利用して多くの情報を得ることが可能であるため、事前の情報収集も比較的容易です。インプラントには、外科的な手術や高い技術料を要することから、歯科医師にはそれなりの腕と実績が求められます。そのため、インプラントを実施する前に充分なカウンセリングや説明(インフォームドコンセント)を行った上で、患者側の同意を得て治療を行なうこともより重要視されるものと予測されます。

適正と特徴

歯科治療の中でも、インプラントを用いた治療方法は、部分義歯・総入れ歯・ブリッジにしなければならないが健康な歯は削りたくない・入れ歯に不満は無いもののより噛みしめたいと言う場合に適しています。インプラントの特徴には、以下のことが挙げられます。先ず、歯が固定されることから安定性に優れており、食べ物の咀嚼も容易になります。また、周囲の歯が傷つく心配もなく、顎の骨が痩せてしまうことの予防にも繋がると言われています。インプラントとは言え、天然の歯と同じ感覚で食べ物を咀嚼することが出来るので、食感や味もよくわかります。その他、現時点ではインプラントが保険適用外であること、治療する部位や本数によって費用が違ってきます。手術を要する、持病や疾患によってはインプラントが出来ないケースもある、と言った特徴も挙げられます。