治療器具

歯の審美性を高めるには裏側矯正でキマリ|パッと見では分からない!

美味しくご飯を食べるため

歯医者

噛みごたえのあるものを食べたくて歯をもっと増やしたいと思った時に選択肢としてあがってくるのが差し歯とインプラントではないでしょうか。実はこのふたつ、似ているようですが根本的には全く別のものになります。差し歯とは、読んで字のごとく歯に差し込むようにして補う人口歯のことを言います。たとえば、歯は欠けてしまったけれど根元は残っているという場合に用いられるのが差し歯です。これに対して、インプラントというのは歯茎に対して人口の根元を入れることによって安定をさせる人口歯を言います。歯がすっぽりと丸ごと抜けてしまったところに対して人工の歯を補いたいと思った時にはこのインプラントを施術してもらうのが一般的です。

差し歯に使われる材料には大きく分けて二つがあります。ひとつ目がプラスチックです。プラスチックの差し歯の特徴は何と言っても柔軟性があるという点です。何か硬いものを噛んだりした時には当然歯に衝撃が伝わるわけですが、プラスチックはその時に少し変形をするために割れにくくなっています。さらに、プラスチックの方は保険が適用されるため、経済的な負担が小さいというのも嬉しいポイントです。ふたつ目がセラミックです。セラミックとはいわゆる陶器のことで、その響きからもわかるように非常に頑丈なのが強みとなっています。歯を磨く時にブラシでゴシゴシこすったとしてもそう簡単には摩耗しないため長く使い続けることが可能になります。