キッズ

歯の審美性を高めるには裏側矯正でキマリ|パッと見では分からない!

最新の矯正治療

歯科

審美性が高い矯正装置

歯の矯正をするときに必要になるのが矯正装置です。昔は矯正装置の種類に限りがありました。しかし、最近は研究が進んでバリエーション豊かになってきています。昔よりも審美性や快適性が向上しているのが、最近の矯正装置の特徴です。歯に固定していても分からない矯正装置が多いので、こっそり矯正をしたい人でも歯列矯正が出来ます。また、最新のコンピューター技術を駆使して、計画的に歯の矯正が出来るようになりました。マウスピース矯正のインビザラインシステムもその一つです。コンピューターで事前にシミュレーションし、何通りものマウスピースを製作して歯を矯正していきます。今も審美性や快適性が高い矯正装置がどんどん開発されています。

分からない矯正

他人に分からない矯正装置に、マウスピース矯正や裏側矯正があります。マウスピースをつけて歯の矯正をするのがマウスピース矯正です。マウスピース矯正にもインビザラインやクリアアライナーなどの種類があります。どちらも事前に治療計画を立てて、オーダーメイドのマウスピースで歯の矯正をします。裏側矯正は、舌側矯正やリンガル矯正とも言います。矯正装置をつけるのが舌側、つまり舌があるほうです。裏側矯正は日本生まれの矯正装置です。今までの矯正装置とは違い、歯の裏側なので誰にも気づかれないで歯の矯正が出来ます。人と話すときによく見える上の歯だけ裏側矯正にして、下の歯は表側矯正にするハーフリンガル矯正もあります。上下とも裏側矯正にするよりも費用が安くなります。

失った歯を補う歯科治療

女性

失われてしまった天然の歯を補う方法のひとつである「インプラント」は、20年程前から急増した歯科治療方法です。治療前のインフォームドコンセントが、今後更に重要視されると考えられています。天然の歯と同じ様な感覚で、安定性や咀嚼にも優れ、食感や味もよくわかると言った特徴が挙げられます。

詳細へ

美味しくご飯を食べるため

歯医者

インプラントが根元から人工の歯をすべて作り変えるのに対して、差し歯とはまだ残っている歯の根元に人工の歯を差し込む施術のことを言います。差し歯には経済的に作れるプラスチック製のものと、頑丈で長持ちするセラミック製のものがあります。

詳細へ

新しい歯科治療

女の人

京都でインプラント歯科治療を検討しているのであれば、特別な治療にも対応している所を選ぶようにしましょう。事前にいくつかのクリニックに相談するようにすると、信頼することが出来るクリニックを見付けることが出来るでしょう。

詳細へ